ご入会申込
中高一貫校受検対策8月後半特別企画キャンペーン
お知らせ|中高一貫校 受検
受講ページリニューアル

公立中高一貫校人気の理由

1.6年一貫のゆとりをもったカリキュラム
2.学校ごとの教育方針
3.公立ならではの学費の安さ

1.6年一貫のゆとりをもったカリキュラム

6年間一貫教育の中で、 自分の将来の目標を持たせ目標に向けて自ら学ぶ姿勢を育てます。 また、多感な年頃の6年間でもあるため、生徒の微妙な変化に気づいて対応できるのも一貫校ならではです。
国公立大学や系列大学以外への進学に関しても、中高一貫校が有利です。私立校の最大の特長は、自由なカリキュラムを学校が独自に組めることです。教科の授業時間数が公立校に比べて多いので授業を速く進めることができます。また、6年間をトータルで考えた指導ができるので、進学校では高2か高3の初めまでに高校の教科書を終わらせ、あとは本格的な大学受験対策の授業へと進むところが大多数です。
中高一貫校では、このような学習環境にあるので、同じレベルの学力の子たちが一緒になって学び、競い合うことが可能です。その結果、大学受験でも難関大に多くの合格者を送り出しています。

2.学校ごとの教育方針

公立中高一貫校では、学校ごとに「こういう人間を育てたい」という建学の精神に基づいた教育方針があります。
「国際社会で活躍できる」、「リーダーとしての資質を持つ」人材の育成などが方針として掲げられています。授業はもちろん、行事・クラブ活動、生活態度や普段の行動などもこの方針の下に指導されます。
そのため、体験学習が多く、異年齢の生徒との交流も盛んなため、人間的な成長が期待できます。 体育祭や文化祭はもちろん、合宿を通じてまわりとの協調性や自主性も養えます。 海外での語学研修で語学力を磨くなど、国際性豊かな人材の育成に取り組んでいる学校もあります。

3.公立ならではの学費の安さ

公立中学校・高校と同額程度の学費であること。 一貫校であっても現在、公立高校の授業料無償化を受けて6年間の授業料はかかりません
6年間の各学校が特色豊かなカリキュラムを実施している中、学校費用は普通の公立校とほぼ同じです。
学費を気にすることなく、6年間一貫校のカリキュラムで学習ができる公立中高一貫校は今人気を集めています