ご入会申込
中高一貫校受検対策2月後半特別企画キャンペーン
お知らせ|中高一貫校 受検

公立中高一貫校の選抜から合格の流れ

公立中高一貫校入学までの流れ新入生の女子生徒

入学までに必要なもの

 

出願

【提出書類】
 入学願書
 調査書(報告書)…小学校が作成
 志願理由書…有無は県や学校による
【流れ】
 9月頃~          各自治体で入学案内のお知らせ
 11月~12月       願書の配布
 11月下旬~1月下旬  願書の受付(受検料の支払い、約2200円)

試験

【面接】
 全受験生に対して、実施されます。
【作文】
 実施状況は県や学校で異なります。適性検査の中に作文が含まれている場合があります。ほとんどの学校で実施されています。
【適性検査】
 適性検査はもっとも配点が高く、必ず得点を取っておきたい部分です。
 適性検査の問題は小学校で習った内容を問う問題ではない為対策が欠かせません。
 実施内容に関しては各学校により異なります。実技試験などが含まれる場合もあります。

合格者の選考

調査書と面接・作文・適性検査などの結果を総合して「入学予定者」(合格者)を選考する。
※配点について(東京の都、区立公立中高一貫校5校の例)
 配点については非公開の学校も多いです。

白鴎高校付属中学校 適性検査・作文 700点
報告書 300点
1000点
小石川中等教育学校 適性検査・作文 600点
報告書 200点
800点
桜修館中等教育学校 適性検査・作文 600点
報告書 400点
1000点
両国高校付属中学校 適性検査・作文 900点
報告書 200点
1100点
九段中等教育学校 適性検査・作文 800点 ※合格者の選考と合格者の決定の間に抽選を行う県や学校もあり、
募集定員に関係なく、入学への適性を認められたものを「入学予定
候補者」として選考し、この中から抽選により、「入学予定者」(合格者)
が決められる。
報告書 100点
志願者カード 100点
1000点